まつりについて

内容は2016年8月の七夕まつりのものです。
次回の内容は2017年7月上旬頃更新予定です。

ごあいさつ

真夏の風物詩、安城七夕まつりの季節がまいりました。64回目となる今年のテーマは「新(しん)」。6月に中心市街地拠点施設「アンフォーレ」がオープンし、新しくなるまちで新たな出会いや交流の場をたくさんご用意し、多くの方々をお迎えしたいと思います。

まつりの醍醐味は何と言っても竹飾り。彩り豊かなくす玉や涼しげな吹流し、美しい電飾が風情たっぷりに人々の目を楽しませます。また、親善大使の市中パレードや学生、園児のマーチングパレードがまつりに一層華を添え、伝統芸能の三河万歳や太鼓演奏、躍動的なダンスなど、みなさまを感動の世界へ誘い込みます。

「願いごと、日本一。」の安城七夕まつりでは、さまざまな願いごと関連イベントを用意しています。アンフォーレの「願いごと広場」では、恒例の「願いごとふうせん」や子どもたちの願いを綴った「短冊ロード」、さらに今年は「願いごとスクリーン」が新たにお目見えし、ご来場のみなさまの願いをかなえるお手伝いをさせていただきます。安城市が目指す都市像「幸せつながる健幸都市・安城」。この「健幸(ケンサチ)」にちなんだイベントや、さまざまな願いごとイベントを通して“健康で幸せでありたい”と願うみなさまの思いを天に届けます。

さて、本市出身の人気作家沖田円(おきたえん)さんの話題作『神様の願いごと』は、まつり会場の一つである安城七夕神社が作品のモチーフだそうです。今年はこの人気作品にあやかり、まつりも神社も盛り上げていきます。

また、アンフォーレ敷地内に「願いごと広場ステージ」が装いを新たに登場。「アンフォーレ室内ステージ」も加わり、「安城駅前ステージ」とあわせてまつり会場内の3ヵ所にみなさまの発表の場を用意いたしました。team“LOVE TANABATA”のボランティアの方々のご協力もいただきながら、市民総参加をますます推進してまいります。

「願いごと、日本一。」の安城七夕まつりに今年もぜひ、みなさまおそろいでお越しください。


安城七夕まつり協賛会会長 神谷 学(安城市長)