最新情報

第64回安城七夕まつり写真コンテスト審査結果

応募点数 297点(97人)でした。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

【グランプリ】
磯貝 誠 「わぁ~高いぞ」

【特 選】
下川 清光 「仲良し」

【準特選】
的場 初男 「夜風にそよぐ」

【準特選】
川治 静子 「夢のせて大空へ」

【優秀賞】
竹内 稔   「七夕まつり、笑顔で舞う」
朝岡 良和  「乙女のダンス」
天野 修   「ちびっこおみこしのパレード」
小沢 成樹  「情熱」
牛田 義光  「こっち向いて。」
松浦 進   「孫はかわゆい!」
加藤 連治  「夕暮れのたなばた」
浅岡 由次  「ここ涼しいね」
太田 正昭  「風」
柴田 豊   「きれいな七夕飾りね」

【入 選】
柴田 鈴江  「打ち水」
宮田 正明  「気合を込めて」
杉浦 幸雄  「なかよし」
千葉 一浩  「竹飾りと舞う」
藤墳 倫子  「ようこそ」
嶋口 依里子 「さわりたーい!!」
大原 直美  「夏の思い出」
川治 吉男  「七夕のきーぼー通り」
斎藤 廣志  「華やかな短冊の踊り」
岡本 達士  「錦飾りの下を」
生駒 憲一  「風に揺られる夕方」
大高 安司  「青春ど真ん中」
磯村 英克  「華麗なる舞」
坪井 隆喜  「父子でまつり」
神谷 浩造  「七夕パレード」

▼第64回安城七夕まつり写真コンテスト審査講評

【グランプリ】
「わぁ~高いぞ」磯貝 誠 様(イソガイ マコト) 安城市
青い空、白い雲、風にたなびく赤い七夕飾りがカラフルで躍動感あふれる秀作です。ワイドレンズを使って、下から見上げる絵作りは、安城七夕まつりの華やかさを大胆に写しとっています。後方に今年初めて見る遊具で、男の子が空に飛び出していくのをとらえたシャッターチャンスも見事です。

【特選】
「仲良し」下川 清光 様(シモカワ キヨミツ) 西尾市
七夕飾りは右上とショーウィンドに写っているだけですが、浴衣姿の娘さんたちがおまつりを楽しんでいる様子をうまく切りとっています。安城七夕まつりが青春のいい思い出になるような作品です。

【準特選】
「夜風にそよぐ」的場 初男 様(マトバ ハツオ) 安城市
浴衣の少女、老夫婦、家族が行きかい、右側には飾りを見上げる父と子がバランスよく配置されています。七夕飾りは暗闇の中から浮き出ていて、中央上部には夜空にたなびく飾りを配し、動きと涼しさを表現しています。全体に奥行きもあり、夜に訪れてみたいという誘惑にかられる素晴らしい作品となりました。

【準特選】
「夢のせて大空へ」川治 静子 様(カワジ シズコ) 安城市
大勢の観光客が見守る中、願いごとふうせんが飛ばされた場面を画面全体に撮られています。五色の風船があまり重なり合うことなく写されているところ、また高い位置からの撮影で、今までにはない画面構成が良かったです。

【全体】
今年も多くの作品が出品され、嬉しく思うと共に、ますます写真の人気が上がることを願っています。全体としては新しい企画を見つけてうまく写していると思いますが、夜の作品が少ないように思います。今はデジタルの時代です。感度も大きく上がり、フィルム時代では写すのが難しかった風景も簡単に写すことができるので、敬遠しないで挑戦してください。
また写す時間も真っ暗ではなく、夜空が青い時、夜景が華やかになるマジックアワーを逃さず挑戦してください。
表情的には踊っている人の表情は出ていますが、おまつりを見に来ている人の楽しい表情が少ないと思います。次回はそこのところを狙って作品作りをしてください。


その他の最新情報